ご挨拶

  

 

「物忘れ」は認知症の中心になる症状ですが、それ以外にも日常生活や社会生活において様々な行動ないし精神障害が出現してまいります。どのような生活様式や症状経過なのかを詳細に把握し、現在の精神状態を踏まえて認知症専門の検査を実施することで、認知症を引き起こしている原因疾患を見分けて対応できる治療法を検討します。 

 認知症の治療は、患者さんに対する薬物療法もさることながら、薬物以外に作業療法や身体リハビリテーション、介護者のサポートなど多方面からの方策を尽くして初めて満足できるものになることが多く、従来の医療の概念ではうまくいかないことも多々あり、ご家族と医療スタッフが一体となって取り組むことで進行抑制や改善効果が現れます。また、認知症前段階の方やリスクの高い方に対して予防目的のアドバイスもさせていただきます。
 このように、当院は「物忘れ」の予防から進行した段階まで継続して診療やアドバイスできる医療機関として精進してまいります。

医療法人社団やまゆり会
神奈川中央病院
病院長 史 峻


認知症の患者様をどのようにとらえるか?

認知の障害は進行しますが、情動は最後まで残っています。

そして患者様は認知の障害に伴って引き起こされるさまざまな「不都合」(重要な会議や仕事を忘れる、仕事のミスをするなど)に直面します。周囲からも実際に非難されたりします。そしていま自分になにが起きているのか?どう対処したらよいのかなど不安になり、自責的となり、抑うつ的となります。認知症医療の専門家であるわたしたちはこのような患者様の心理状況を把握し、気持ちを理解し、傾聴し、支える方法を模索することがなによりも大切です。そのためにも日々の患者様との出会いを大切にしていきたいと考えています。

そして患者様が「その人らしい」生活ができるように、ご家族にも協力していただき、日々の活動をこころがけていきたいと考えています。このことを実現するにはスタッフひとりひとりの日頃からの自覚と努力が必要です。わたし自身もそのひとりとなるようにしたいと思っています。患者様もご家族もこの病院にいることが安心といっていただくことがわたしたちの目標といえます。

医療法人社団やまゆり会
神奈川中央病院
顧問 渡邉 直樹